はとぶん

旅するゲームプロデューサーの妄想ブログ

企画のメソッド③「好き」を料理する

f:id:k-morimo:20170619184556j:plain

「好きを料理するとは何ぞや?」と思うだろうが、これは読んで字の如く、自分の「好き」がわかったら、それを食欲をそそらせる様に美味そうに料理しようってことだ。

続きを読む

企画のメソッド②「好き」を分解する

f:id:k-morimo:20170612183511j:plain

前回は①「好き」を見つけることだったが、次にやることはその「好き」を分解すること。"分解"なんて言葉を使っているけど要は「何でそれが好きなのか、その要因をさぐる」ことだ。

続きを読む

台北に行ったときのお話②

f:id:k-morimo:20170605191155j:plain

続きを読む

『RiME』をプレイして

f:id:k-morimo:20170602164204j:plain

約35人のチームで4年かけて作り上げたと言われる注目のインディーズタイトル『RiME』をプレイ。発表当時はSCEのエクスクルーシブタイトルだったが、4年の間に紆余曲折があったらしく最終的にタイトル名も変わりマルチPFで展開されている。ビジュアルはエッジを描かない優しい感じのトゥーンで、『ICO』や『風ノ旅ビト』を引き合いに出す紹介記事が多い。まあこういう世界観が嫌いな日本人は少ないと思う(ゲーマーの購買意欲をそそるかどうかは別だが…)。

続きを読む

燻製のススメ

f:id:k-morimo:20170525145437j:plain

"スローライフ"なるものにそこはかとない憧れを抱きつつ、何をすればスローライフをしていることになるのだろう?という疑問に導き出した答えが、「ながら、のんびり、時間をかけてやるコト」だった。

続きを読む

企画のメソッド①「好き」を見つける

f:id:k-morimo:20170519184129j:plain

会社という営利目的の組織に所属している以上、商品やサービスを生み出し消費者に提供して銭を稼がなければいけない。うちの主幹事業はいわゆる"ビデオゲーム"と呼ばれる商品の開発・サービスの提供であり、自分はそのゲームという商品を企画・立案してサラリーをもらっている。つまり「こんなゲームをつくって儲けましょうよ」というアイディアを会社に提案して賛同させ融資を得て形にして世に送り出す!というのが自分に与えられた任務である。

続きを読む

台北に行ったときのお話①

f:id:k-morimo:20170511194953j:plain

続きを読む