はとぶん

旅するゲームプロデューサーの妄想ブログ

(ほぼ)宿泊費をかけずにプチ旅してきたお話④

さて、キャンプ地を後にして向かった先は那須ロープウェイの山麓駅。時刻は午前10時。これから生まれて初めての本格登山に挑戦するのだ。とはいえ麓からえっちらおっちら登るわけではなく、ロープウェイで一度山頂まで行ってから山道を歩きいくつかのチェッ…

(ほぼ)宿泊費をかけずにプチ旅してきたお話③

日光から約二時間運転して、(山道に入る前に)途中のスーパーでビールとツマミを買い込んで那須町 に入る。農園の景色も標高が上がるにつれて牧歌的なそれに変化。東北の隣だし、すぐそこスキー場だし、正直 関東とは思えない新鮮な景色!

インドネシアに行ったときのお話④

(ほぼ)宿泊費をかけずにプチ旅してきたお話②

翌朝はあまり快適とは言えない目覚め。結構熟睡していたのだが、なにぶん体が痛いのだ。助手席を倒して後部座席と繋げて(大雑把に)フラットにしていたものの確かに少し凹凸があった。眠るときは特にストレスを感じなかったが、長時間続くとジワジワと体を…

ゲームのシナリオについて思うこと

先日ドラクエ11の旅路が終わった。何だかんだで70時間以上プレイした。たぶん過去のナンバリングタイトルの中でも一番長く遊んだのではないか?まあ正直ラスボス前で少し食傷気味になっていたのだが、そこはユーザーとしての義務感で乗り越えて、裏シナリオ…

インドネシアに行ったときのお話③

(ほぼ)宿泊費をかけずにプチ旅してきたお話①

約一週間のオフを頂いた。これを機にドラクエ11の旅路を終わらせようかと二日ぐらい自室に引きこもって悶々とプレイしていたのだが一向に終わらず、このまま世間と隔離された生活が一週間続くと社会人として大切な 何かを失ってしまうのではないか?という一…

楽曲アルバムを作ったお話

先日アルバムをリリースした。何故「CDをリリースした」と言わないのか?というと、ダウンロード専売の為その表現が事実と異なっているからだ。とはいえ自分が作詞作曲で参加したアルバムが販売されることは実に感慨深いもので、無事リリースを迎えられたこ…

インドネシアに行ったときのお話②

40分2000円の快感

最近の週末は漫画を描いて一日が終わる。生産的なコトをしているので充足度は高いのだが、どうも力んじゃっているのか気がつくと異常に首・肩が痛い。そしてこの苦痛を背負った状態で出社する月曜の朝が、もう死にたくなるぐらい辛い。どうにも耐えられなく…

頭を鍛える方法

最近(というかいままでずっと)ネタがでてこなくて困っちゃう。 そもそも若い時から深く考えずにインスピレーションで企画しちゃう人だったので、そのサボり癖もあってか、ちょっと考えるとすぐに脳が悲鳴をあげる。 頭を鍛える必要性をかなり感じている今…

インドネシアに行ったときのお話①

心がまだベトナムから帰国できず

先週は"夏真盛り"の気分だったのに、今は晩夏を惜しんでいる。一週間前と変わらず蝉は煩いし太陽もガンガンに地面を照らしているけれど、心の中の季節は確実に変化してしまった。夏休みが終わったからだ。

台北に行ったときのお話(あとがき)

youtu.be 生まれて初めて漫画を描いた。いや、小学生の頃はノートや広告のウラとかによく描いていたのだが、公開を前提にちゃんと仕上げたのはたぶんこれが初めて。

PS4リンク

衝撃的なことに今日から8月である。 今年も既に残すところ5か月となったわけだ。社内の異常に強い空調の冷気から逃れ、近くの喫茶店に避難してリモートプレイでドラクエ11やるかなーと思ったら、Vita持ってくるの忘れて、何だか損した気分で仕方なくデスク…

PVつくった

ここ1年ぐらい関わっていたライセンスものの商品が無事リリースされた。まあ監修以外は特に何もしていないのだが、自分が作ったIPだし、そのキャラクター商品が世に出ることは素直にうれしい。商品の販売ページ(Web)を確認していて気になるリンクテキスト…

台北に行ったときのお話④(完結)

笠森トレッキング②

笠森寺を出発してから約1時間半かけて野見金公園に到着。

笠森トレッキング①

「足が痛い・・・・・・」 何というか、多分ここ30年ぐらいご無沙汰している種類の、初めてスキーをした時の様な筋肉痛で、歩くのも辛い。というのもつい先日、10kmほどトレッキングをしてきた所為である。

台北に行ったときのお話③

企画のメソッド③「好き」を料理する

「好きを料理するとは何ぞや?」と思うだろうが、これは読んで字の如く、自分の「好き」がわかったら、それを食欲をそそらせる様に美味そうに料理しようってことだ。

企画のメソッド②「好き」を分解する

前回は①「好き」を見つけることだったが、次にやることはその「好き」を分解すること。"分解"なんて言葉を使っているけど要は「何でそれが好きなのか、その要因をさぐる」ことだ。

台北に行ったときのお話②

『RiME』をプレイして

約35人のチームで4年かけて作り上げたと言われる注目のインディーズタイトル『RiME』をプレイ。発表当時はSCEのエクスクルーシブタイトルだったが、4年の間に紆余曲折があったらしく最終的にタイトル名も変わりマルチPFで展開されている。ビジュアルはエ…

燻製のススメ

"スローライフ"なるものにそこはかとない憧れを抱きつつ、何をすればスローライフをしていることになるのだろう?という疑問に導き出した答えが、「ながら、のんびり、時間をかけてやるコト」だった。

企画のメソッド①「好き」を見つける

会社という営利目的の組織に所属している以上、商品やサービスを生み出し消費者に提供して銭を稼がなければいけない。うちの主幹事業はいわゆる"ビデオゲーム"と呼ばれる商品の開発・サービスの提供であり、自分はそのゲームという商品を企画・立案してサラ…

台北に行ったときのお話①

『サマーレッスン』してみる

ある意味PSVRの本命とも思えるタイトル『サマーレッスン』。遅ればせながら漸くその世界に足を踏み入れてみた。

ゲーム企画道①

このブログも気が付いたらあまり仕事(ゲームづくり)のことに触れていないなーと思い、ここで初志を振り返ることにしよう。というわけで、何か記事ネタになるものはないかとPCの中を隅々まで漁ってみるが、いくら探しても過去に作った原案書が見つからない…

明日からゴールデンウィーク

2017年も1/3終わったけれど、まだ何も生み出してねーーー!